住宅ローンのお話 変動金利「1.25倍ルール」

query_builder 2020/05/06
豆知識(お金の話)
住宅ローン
変動金利のあまり知られていない「ルール」の2つ目を紹介します。
「1.25倍ルール」です。

5年ルールで紹介した通り、変動金利は半年ごと見直され5年間は返済金額は変わりません。5年後の見直しがあって、金利が上がっているときはそれが適用され返済金額が多くなります。ここで「1.25倍ルール」が適用され、それまで返済していた金額より1.25倍が上限となります。
つまり、5万円返済していた人は、6.25万円以上にはならないということです。

5年ルールのときと一緒で、上限を超える部分は元金で調整されることになります。

「5年ルール」と「1.25倍ルール」は、返済額の見えない部分で調整され、元金部分の支払いを遅らせて、利息額を増やしていくことになります。

住宅ローンを借りる人が最終判断しなければなりませんが、変動金利で借りる時に思い出してください。

NEW

  • 野良猫によるテラス屋根の被害

    query_builder 2021/02/24
  • 危険ブロック塀等除去事業補助金

    query_builder 2021/02/24
  • どうなってるの?独立基礎

    query_builder 2021/02/23
  • 屋根瓦の葺き替え工事を始めました。

    query_builder 2021/02/15
  • 先月頼まれていたものをやっと作りました。

    query_builder 2020/12/24

CATEGORY

ARCHIVE