どんな家をつくる?

公的機関が認める高機能住宅ファース家

「ファースの家」大公開

私達が「ファースの家」をお勧めする
理由その1

気密と断熱を同時に実現!!

一般的に言われている高断熱・高気密の家は
グラスウールに湿気を吸わせないつもりの
気密フィルムが機能せず、吸った湿気を吐き出さない
などの弊害などもあり、断熱、気密の家が低下すると
評されるようになり、実際にそのような家が多く建築
された現実があります。
しかし、「ファースの家」は「水分管理」がなされており、
木材の含水量が何十年にも渡り、低い値で推移するため腐食菌の発生が生じません。
この事が認められ、一定の条件が付きますが75年から90年間は大規模改修を必要としない
「木造住宅合理化システム次世代耐用性能タイプ認定」を交付されました。
「ソーラー住宅システム認定(次世代型)」と合わせて
「木造住宅合理化システム 次世代耐用性能タイプ認定」を交付されたのは
「ファースの家」が日本で最初の工法です。

私達が「ファースの家」をお勧めする
理由その2

自信があるからこそできる!
基本性能を担保!!

難燃性の樹脂原液を工事現場で床下、外壁、
天井裏をシームレス状にスッポリと繋がる様に
スプレー発泡施工致します。この単一作業で気密と
断熱の性能が一気に確保出来ます。
家の性能には、快適性と省エネ、CO2削減などを
図るため、断熱性、気密性、更には耐久性、耐震性などの性能が総合して求められます。
「ファースの家」では、このうちの断熱性能と気密性能は断熱材メーカーと発泡施工会社の責任施工なので完全に担保されます。
この性能が担保される事によって必然的に耐久性、耐震性が確実に確保出来ます。
当然、建築基準法を遵守し、ファース施工基準書に忠実に施工した事が前提です。

私達が「ファースの家」をお勧めする
理由その3

高耐久性能維持の要!
水分管理!!

室内の湿度が上がると結露やカビの要因となります。
また、乾燥し過ぎますとウィルス菌などが発生して
風邪をひきやすくなります。
夏場、室内の湿度が高い場合、湿気の持つ熱
(潜熱と言う)加わって蒸し暑くなり、
冬場、乾燥しますと住む人の身体から水蒸気が
蒸発し易くなり、蒸発する際に体温を奪い、寒さを助長します。
また、家を支える土台、柱、梁、床、壁、天井材などの構成部材の含水量
(人間の身体の含水量は約70%なので死ねば直ぐに腐食します)を一定以下に抑える必要が
あり、このように居住空間だけでなく、家の構成部材も含む水分管理が必要なのです。

私達が「ファースの家」をお勧めする
理由その4

暖房空間!
タイトプレート!!

住宅内部の熱は床下の蓄熱材FASタイトプレート
(または砕石)にも蓄熱されます。
FASタイトプレート(または砕石)に蓄熱された熱は、
天井裏より送られる外気からの新鮮空気が
冷たくなったとしても、床下部分の急激な温度低下を
防ぎます。

私達が「ファースの家」をお勧めする
理由その5

外張り断熱?内張り断熱?
双方の特徴を生かした、半充填断熱!

木材から外に逃げるはずだった熱が外張り断熱材の
おかげで構造体に蓄えられ(蓄熱)、室内の温度が
下がった(上った)時に、蓄えられた熱がフィードバックされます。
効率的な冷暖房が可能なのでとても経済的です。

徹底比較

一生住む家だからこそ、一生快適に住める家づくりを考えなければなりません。
家は建ててからが本当の家づくりです。
建てることばかりに主眼がいって、住み続けるということを忘れてはいませんか???
差別化の大きなポイントがここにあります。

どうしてファースなのか?

家を造るにあたって、もっとも大切なことってなんでしょうか?
学校やスーパー、駅が近くて便利、遊びに来るお友達がいつも「素敵な家!」とほめてくれる、収納が多くて奥様の家事も楽チン!・・とても大切なこれらのことは、家を建てる上でしっかりと要望をまとめて依頼することで、大概の建築会社で対応可能なはずです。
家についてもう少し踏み込んで考えて見ると、ご主人のために造った書斎は寒いので今は物置になっている、半地下の倉庫はジメジメしているので大切なものはしまえない、光熱費が思ったより高い、まだ築12年なのに床が腐った・・・などという家が多くあります。この点を改善するには、建築会社にもうひとつ上の知識や技術、経験が必要になってくるんです。
ファースグループでは、あまりクローズアップされない、このもう一つ上の部分に焦点をあて、長い期間にわたり開発を進めてきました。そしてたどり着いた一つの答えがファースの家だったのです。現在も進化を続けるファースの家ですが「なぜファースなのか?」をこちらの資料で少しでもご理解いただければ幸いです。

断熱をするとOKと言う訳でもないらしい。

  • 断熱材をたっぷり入れたのに

    高断熱・高気密は今や快適住宅の代名詞。それなら、と分厚い断熱材をたっぷり入れたのに、部屋によって温度がちがったり、窓際や壁の結露に悩まされたり・・・・・なぜなのでしょう?原因の一つは、断熱材の特性を知らずに間違った施工をしてしまうこと。良く使われる断熱材・グラスウールは、安価で軽くて扱いやすいけれど、湿気に弱いのが難。内壁と外壁との温度差によって結露が生じ、吸水して重くなり、すき間ができて断熱機能が低下してしまうこともあるのです。また、日本の家屋に多い内断熱工法にも課題あり。室内の熱を逃がしてしまうヒートブリッジが起きやすく、ひとくちに「断熱」といっても快適に結びつかない場合が多いのが実情です。

  • 独自の現場発泡と内外断熱構造

    ファースの家は、大型冷凍冷蔵庫用のウレン断熱材をヒントに専用断熱材を開発。熱伝導率が低く、難燃性、接着性、気密性にもすぐれている上、高い防湿性によって湿気をシャットアウト。あわせて、壁内に通気層を施して空気を循環させて、室内の壁を外気にふれさせないので壁内結露の心配はありません。柱の外側に専用断熱ボードを取り付け、これに現場でスプレー発泡、すき間なく施工する内外ダブル断熱構造で、高い精度の高断熱・高気密を実現します。さらに、断熱補助部材を基礎と土台いの間に入れてヒートロスを抑制。万全の断熱施工で、快適な空間を長期間維持します。

断熱って何?

断熱とは、熱の伝わりを遮断することで、断熱材とは、熱の伝え難い素材ということになります。身近にある断熱の例を挙げると、お布団があります。フカフカのお布団は温かいのですが、湿気を含んだようなお布団は温かくありません。一般的に住宅の断熱材として使うグラスウールも、基本的にこのお布団と同じ機能です。お布団は干すことが出来ますが、壁の中に入ったグラスウールは、干すどころか確認することも不可能です。ここだけ考えても、断熱施工の難しさがご理解いただけると思います。

足元がスースーするのは、なぜ?

  • 見えないすき間がいっぱいです

    冬でも靴下が手放せないのは、冷え性の人に限った話ではありません。一般住宅の場合、気密性を測る基準である隙間相当面積は、およそ10c㎡/㎡といわれています。そこからすき間風が入る、熱が逃げる、冷気が入る、床が冷たい、・・・・こんなスカスカの状態では、いくら断熱材の厚着をしても十分なあたたかさは得られません。暖房機のある部屋だけが暖かくなると、室内での温度が極端になって、お年寄りのいる家ではヒートショックによる脳溢血や心臓マヒの心配もでてきます。夏は夏で、冷房病になったり。おまけに年間の冷暖房のエネルギーコストもばかになりません。

  • すき間なく家をまるごと包んで、 快適空間

    高断熱と高気密は切っても切り離せない関係。ファースの家は、高断熱・高気密先進国の欧米で、すでに普及しているウレンフォームを改良開発した専用断熱材・エアクララで、家全体をくまなく包んで、断熱、気密を一度に高いレベルで実現します。隙間相当面積0.5c㎡/㎡以下と一般の住宅に比べ隙間がほとんどありません。また、最も熱が出入りしやすい窓は、ファース工法専用に開発した高性能断熱サッシがしっかりガード。専用サッシは地域により違う特性のものを用意しています。少ない数の冷暖房機で、家中を小さい温度差に保つことが出来るので、低いコストで温度のバリアフリーも実現できます。

気密って何?

気密とは、家のすき間をなくするということです。この事で、住宅内に余計な湿気が出入りしたり、風の影響による急激な空気の入れ替えを予防しています。身近な気密の例を挙げると、ウインドブレーカーがあります。風の強い日、セーターだけでは寒いですが、ウインドブレーカーを着ると体温で温まった空気が体の周りから移動しないので温かくなります。ただ、気をつけなければいけないのは、汗をかいてしまうと水分が逃げないのですぐに体がタタになってしまいますよね。家にもそうならない工夫が必要になります。

どうやら空気にも品質があるみたい

  • 換気扇だけでは、空気を快適に保てません

    シックハウス問題で24時間換気は義務化となりましたが、換気の方法によっては、せっかく快適に暖めたり、冷やしたりした空気を捨ててしまいます。さらに、換気扇を正しく取り付けて正しく使用しないと、家全体の空気がなかなか奇麗になってくれないこともしばしば。ジメジメした梅雨が終わるとムシムシする夏、天候が変わりやすい秋が過ぎると寒くて乾燥する冬、それが過ぎると花粉の春、と日本の四季はハッキリしている分、家には過酷です。その全てにしっかりと対応した換気を選択することも大切なことです。窓の結露や押入れのカビは、断熱の悪さだけではなくて、換気不足が原因かも知れませんよ。

  • 熱を逃がさない換気と、湿度にも配慮することが大切です

    高気密というと密閉された息苦しさをイメージしますが、ファースの家は、床・壁・天井に通気層を設け、さわやかな空気の流れをつくっています。汚れた空気が停滞しないよう、いわば家そのものが呼吸しているのです。室内の汚れた空気は、熱のロスを最小限に抑える熱交換式換気扇で強制排気しながら、新鮮な空気を取り込みます。取り込んだ空気は空気循環用のファンで天井裏から床下へ送られ、床下の蓄熱層を通って外壁部分の内側通気層を循環。各室のレジスーを通って全室にゆきわたります。また、床下の専用調湿剤の働きで、湿度管理も万全。梅雨どきや蒸し暑い夏、乾燥する冬にこそ、ファースの家の真価が発揮されます。

換気って何?

室内の空気を外の空気と入れ替えることです。車の運転をする人ならご存知だと思いますが、冬にエアコンを止めて車内にぐるぐると空気を回す設定にしてしまうと、フロントガラスが曇ってしまいますよね。これは、車内の湿気が抜けずにフロントガラスのところで冷やされて、結露が起こっているからなんです。家の換気も正しく行わないと、結露の原因になることはもちろん空気環境が悪化して、住む人の健康を脅かす可能もあります。換気をしっかり行うには、家の性能にあったものを設置して正しく使う高度なノウハウが必要になります。

健康な家には、健康な家族がいる

  • 新築の家なのに、なんだか家族の元気がない

    高断熱・高気密と言うのは当たり前のようになっていますが、実際に建てた家の性能を後で測るのは容易ではありません。住んでみて始めて、光熱費が高かったり、喘息が悪化したりと、人の健康や家計に悪影響をもたらす場合が少なくありません。中途半端な高気密施工では、床下がジメジメしたり、室内間の温度差などで壁内部に湿気が発生して、アトピーや喘息の原因となるカビ・ダニが繁殖する可能性も否定できません。一方、すき間が多い一般住宅には、外気とともに花粉やチリが侵入し、花粉症やアレルギー性鼻炎の原因となることも。また、断熱が不完全なために室温にムラが生じて、お年寄りのヒートショックにつながる危険性もあります。

  • 空気も湿度も徹底管理、クリーン&ヘルシー

    ファースの家は熱交換式集中換気と通気層で全室温度差が少なく快適温度で、お年寄りも安心。すき間が少ないので、外から舞い込む花粉も少ないことも花粉症の方には嬉しい機能。もうひとつ、さわやかな住環境を支えているのが、独自の調湿システム。湿度を年間を通して概ね40~60%を維持するように工夫されています。カビやダニが繁殖しにくい環境をつくるうえ、乾燥しすぎるなんてこともありません。さらに床下に散布された専用調湿剤には、人体に有害なホルムアルデヒドやバコの煙などを吸着する作用も。快適すぎて体が弱くなるのでは、という心配もご無用。活発な暮らしのなかで、アトピーや喘息が治ったという声もたくさん届いています。

湿度って何?

人が快適に暮らせる湿度は、40~60%と言われています。でも、気をつけなければいけないのは、温度とのバランスです。家庭に置いてある湿度計は、一般的に相対湿度と言われる湿度を表示していて、相対湿度は、温度が上がると下がり、温度が下がると上がる性質があります。一般的に気温が20℃の時に湿度が40~60%に保たれることが理想となるので、気温が25℃ある時であれば、湿度が35%だとしても「乾燥しすぎだ!」と一概に言えるものではないんです。湿度のコントロールも奥が深いですね。

ああ、こんなにウルサイところは、もういや

  • 家のあちこちに、音の通り道

    日曜日の朝くらいゆっくり眠っていたいのに、近所の犬の鳴き声や子供たちの喚声、トラックの轟音がウルサイ。友人が集まって楽しくパーティー、せっかく盛り上がっているのにお隣からの苦情で意気消沈。きちんと窓を閉めきっているのに音が侵入したりもれたりするのは、見えないすき間のせい。一般住宅の隙間相当面積は約10c㎡/㎡といわれ、それが音の通り道にもなっているのです。さらに、柱と柱の接合部分や開口部などの気密施工に問題があるために、防音性も低下しているケースが多く見られます。のびのびと過ごせるはずのわが家なのに、イライラのもとになってしまうのは困りますね。

  • 高気密・高断熱構造で、静かな暮らしを実現

    「家のなかで反響音を感じる」という声。これはファースの家がいかに高気密であるかをはっきり示しています。ファースの家の気密性は、じつに一般住宅の10倍以上で、隙間相当面積1.0c㎡/㎡以下まですき間をカット。音が逃げやすい開口部には防音性にすぐれた専用サッシが使われており、高い遮音性を実現。車の騒音など外部の音や、家のなかの声やピアノの音もれなどを軽減します。しかしエアコンの稼動音や換気、空気循環ファンなどの音が気になる場合がありますので、一度体感をお勧めいたします。室内間での音漏れを防止する対策もあるので、是非ご相談ください。

おとなりもオール電化にしたみたい

  • オール電化のメリットがデメリットに変身?

    オール電化は、石油やガスのように燃焼ガスや水分を出さないし、簡単操作で安全などの理由で、今ではほぼ一般的になりつつあります。この優れたオール電化も、家の性能が悪かったり、使い方を間違えると、せっかくのメリットがデメリットに変わる場合もあるようです。電気をエネルギーとする暖房機器は、燃焼系の機器と比べて出せる能力が少ないので、少ないエネルギーで暖房可能な住宅性能が必要です。性能の悪い住宅を電気で暖房すると「電気代がかさむ」ということに・・・。電化機器の中にも、効率の良い物、悪い物があるので、価格だけで選んで後々損をする、と言うことは避けなければいけません。

  • 日本初のオール電化専用住宅、ファースの家

    ファースの家は、日本で最初のオール電化専用住宅として誕生、電化機器とはまさにベストの組合せといえます。断熱性・気密性にすぐれているので、オール電化ならではのムラのないあたたかさがすみずみまで届き、電気代もお得。ススや燃焼ガスが出ないので空気はさわやか、メンテナンスも容易です。ファースの家の蓄熱構造が省エネルギーを更にバックアップします。オール電化を長年追及してきた豊富な経験のなかで、高性能な家にマッチする冷暖房機器や電化機器の選択にも自信があります。オール電化で住宅を検討するのであれば、ファースの家の性能がユーザー様にとって頼もしい味方になります。

地震に強い家ってどんな家?

  • 頑丈なだけでは、真に強い家とはいえない

    住宅工法には、ツーバイフォー工法、木質パネル工法、鉄骨ユニット工法や鉄骨系プレハブ工法など、いろいろあります。阪神淡路大震災以来、あらためて“災害に強い住宅”が求められました。地震に対する考えかたにはどの工法にも優れた特長があります。ただし、頑丈であることが地震時に有効かというと、必ずしもそうでないと考えています。ほんとうに強い家とは、構造材・部材がいつまでも劣化せずに機能しつづけ、長きにわたって快適な暮らしを支え続ける家のこと。大地震は一度しかこないとは限りません。頑丈なだけにこだわった住宅では、室内の揺れが激しくなって、家具の下敷きになる、というような心配もしなくてはいけません。

  • 木造軸組構造で、耐震性と耐久性 を同時に実現

    ファースの家は木造軸組工法が基本。熟練職人が木材をしっかりと組み上げることで、十分な耐震性・耐荷重性を発揮します。さらに、揺れに強い土間一体型の基礎とともに、基礎と土台、柱の間に注入された専用断熱材が衝撃を吸収し、地震の揺れに強靭に対応します。火災に対しても、壁内に火の通り道を塞ぐ工夫があるので安心です。また、ファースの家の真価である湿度管理や換気システムが空気や湿度の状態をきちんとコントロールすることで、湿気や結露によって土台などの構造体が腐食することもありません。強さと柔軟性、耐久性を兼ね備えた、長持ちする家。高機能住宅・ファースの家が、家族をいつまでも守ります。

耐震性ってなに?

日本は地震国なので、古くから地震に強い家が作られてきました。数百年経過する日本古来の建築物は、幾多の大地震にも耐えて現在でも現存しています。しかし、高度成長期に大量に建てられた住宅にはこのような機能は無く、大震災で多くの被害を出してしまいました。慌てて制定された耐震規準も、丈夫に造るということにこだわりすぎていて、決して完璧なものではないと言うのが私達の認識です。ファースの家が完璧だとは言いきれませんが、これまで起きた地震に対しての結果で見て、判断いただけると幸いです

家を建てるにはどんな会社が良い?

  • 規格でだんだん夢が消えていく・・・・・

    お年寄りのいる家なら、バリアフリーやホームエレベーー。仲良し大家族なら、吹き抜けのリビングにひろびろバスルーム。住まいに託す夢はさまざまです。でも、いざ間取りプランを考えはじめると、いろいろな制約がでてきます。家をたくさん造るメーカーさんのほとんどは、ある程度企画化されたプランと設備機器で額が決まっているので、夢見ていた要望には対応できなかったり、オプションになって予算がかかり過ぎたりということがあります。大手メーカーさんの営業マンはとても熱心で人柄も良い人が多いのですが、会社の用意した商品(プラン)を薦めることしか出来ないことがとても気の毒です。

  • 自由自在設計で、世界でたったひとつの家づくり

    ファースの家を施工する建築会社は、全て地域に密着した工務店です。だからこそ、その街に吹く風の強さや雪の量、夏の暑さも熟知しています。そして、その地域に根ざした工務店が持つ共通した感情は「地域の人に喜んで欲しい」という強い思い。だから、ファースグループには県をまたいで住宅をたくさん販売する会社は一社もありません。1棟1棟の家、一人一人のユーザー様を大切にするファース加盟工務店だからこそ、世界に一つだけの家に魂がこもると考えています。家をたくさん売る工夫はいりません、1棟の家を喜んでもらえることに全力投球することが、ファースグループの考え方です。

小さな工務店で大丈夫?

近では、大きなビルダーさんでも倒産するニュースが多い中で、小さな工務店で大丈夫だろうかという心配は良く理解できます。ファースグループでは、そのような心配を解消する為に、義務化となった瑕疵保険はもちろん、完成引渡し保証、地盤保証など、各種保険、保証サービスを準備しています。ユーザー様の不安をなくし、地域に密着したファース加盟工務店様と心置きなく家造りに集中していただく為に、それ以外にも様々な安心サポートが整備されていますので、ニーズに合わせてご利用ください。

住宅のほんとうの価値って、なんだろう?

  • 一生暮らす家に、「安かろう悪かろう」は許されない

    新聞の折り込み広告ひとつとっても、じつにさまざまな住宅が売り出されているのがわかります。坪○万円とか一棟限定○万円など、買いやすさを売り物にする住宅も目立ちます。高額な買物だけに、イニシャルコストが低く設定されている家は、たしかに魅力的に映るもの。しかし割安だと思って購入しても、メンテナンスが大変だったり、断熱・気密性能が悪くてエネルギーコストがかかったり、短期間で高額な修復が必要になるような家では、ほんとうに価値ある家とはいえません。まして、住む人の健康を損なうような住宅であれば最悪な結果となってしまいます。

  • 高機能で長持ちするから、トールコストで得をする

    ファースの家は、開発当初から「長く快適に、省エネに暮らす」という統一した考えのもと進化してきました。その結果、一般的にローコストと言われる住宅と比べると割高です。しかし、地域に密着して、建てた家の面倒を一生見続けるであろう工務店が、問題が出る可能性のある住宅を建築することは命取りです。地域の工務店には営業マンがたくさんいる訳ではありません。お施主様が喜んで、初めて次のお仕事がいただけると言う考えが基本です。喜んでいただけるどうかはお施主様の最終的な判断になりますが、喜んでいただく為には最低限必要になる予算と言うものがあると考えています。

家のコストについて

家のコストは、実際に家を造るのに必要な費用(原価)と利益にわかれます。利益には、建築会社が運営していく上で必要な経費や宣伝広告費、将来的に発生するメンテナンスコスト(いわゆる無料メンテのコスト)などが含まれます。大手メーカーは効率化を図ることで原価を下げ、宣伝広告費などの利益を多くいただく傾向にあり、工務店はその逆となります。ファースグループでは、テレビCMや展示場などの広告宣伝費を多く負担するよりも家の原価に経費を使っていただきたいと考え、地域工務店をバックアップしています。

  • facebook
  • twitter

トップへ戻る