ブログ

ブログ詳細

屋根塗装の補修工事をしています。


屋根の塗装リフォームをして3年目過ぎたところですが、瓦の重なった所に「コケ」が生えています。今回は、コケが生えているところをワイヤーブラシでこさぎ落とし掃除をした後に塗装で補修しています。

 

コケが生えた原因の一つは、瓦の劣化部分にたまった「ホコリ」のようです。経年に加え酸性雨も瓦を劣化させ、瓦の重なった部分に溝ができています。そこに溜まりこびり付いたホコリにコケが生え、そこにまたホコリがくっついて悪循環を起こしています。

 

また、屋根の上の方より下のほう(水下)にコケが多く、劣化が少なく塗膜がしっかりしていて雨水が流れやすくなっているところはコケが生えていません。今後塗装するとき方法を考える必要があるようです。

 

20150718_085312

 

コケが生えた状態

 

 

20150718_085410

 

ワイヤーブラシでコケをこさぎ落としています。

合資会社 e-ハウス
ぶんごの家
住所    〒870-1176
      大分県大分市富士見ヶ丘東3-18-10
TEL    097-541-0206
FAX    097-594-1716(24時間受付OK)
営業日   月曜~日曜日(8:00~不定)
お休み   不定休
(基本的にお電話は23時まで受付しております)

当店facebookページはこちら
http://on.fb.me/1iNCbJx
  • facebook
  • twitter

トップへ戻る